格安SIMを所有する機種に使用する場合の注意点

大手通信会社でスマートフォンの回線利用契約をしている場合、様々な費用が積みあがって8000円程度あるいはこれより少し低い程度の金額が必要となるケースが多いです。

しかし、回線利用契約の相手方を格安SIMを提供している会社に移行すればこの回線利用料が設定する通信容量にもよりますが、3ギガバイト程度で2000円程度で契約することが可能となります。


このような価格差から格安SIMを提供してくれるスマートフォン通信サービスを提供してくれる会社に移行したいと考える人が多いと思いますが、その際には現在所有している機種に格安SIMを挿入して使おうと考えるでしょう。



その際の注意点を考えてみましょう。

まず、格安SIMを提供している会社は、大手通信会社が設備投資をして建設した電波塔等の無線通信回線設備を利用させてもらうことで顧客にスマートフォンサービスを提供しています。



ですので、現在のスマートフォン利用契約を別の会社に変えたところで使っている無線通信回線設備が同じものである可能性もありますし、別のものとなる可能性もあるのです。

そして、大手通信会社が提供しているスマートフォンにはSIMロックという別のSIMでは使えない仕組みが取り入れられているので別のSIMで使う際にSIMロック解除の手続が必要と考える場合が多いのですが、回線設備が同じものである場合にはこの解除の手続が不要となるケースがあります。逆に同じ回線設備でも契約内容によっては解除の手続が必要となるケースもあります。

ですので格安SIMを購入する際にはその販売している会社に自分の所有機種で動作するのか否か、解除手続が等を確認した上で購入するのが賢明な対応といえるでしょう。