格安SIMって本当に安いの?

格安SIMとは、docomoやau、ソフトバンクの大手キャリアが設定している通信料よりも、安く通信ができるサービスのことです。

携帯電話やスマートフォンに必ず内蔵されているSIMカードを利用して行われています。
どの程度安いかというと、1ヵ月の通信費が1、000~2、000円で済む場合もあります。

ただし、安いから良いという訳はありません。

利用できる通信料が1ヵ月ごとに決められていて、それを超えてしまうと通信制限が掛かってしまう場合があります。

通信制限が掛かると、ネット環境との繋がりがかなり遅くなり、1件のメールを送信するのに数分掛かることもあります。



制限量を超えてしまった場合でも、翌月には元のスピードに戻るので安心してください。
それでも、翌月まで待てないという方は、別のSIMカードを家電量販店で購入して月が変わるまでの間使用するか、契約している格安SIM会社に連絡して違うプランに変更する必要があります。



変更できない会社もあるため、契約の前に確認しておきましょう。

どのタイミングで大手キャリアから格安SIMへ変更するかですが、一番多いのは2年契約が切れた時です。

そのタイミングで通信会社との契約をストップして、格安SIMを取り扱っている会社と契約するのが一般的です。

そのため、新機種に変えることなく、今まで使用していた携帯やスマートフォンをそのまま利用できます。


ただし、使用している端末によっては、SIMカードを取り出せない機種もありますので注意が必要です。


もちろんですが、2年契約が切れる前に格安SIMに変えることも可能です。
しかし、高い解約料が発生してしまうので注意です。