勤怠管理とタイムカード

会社にとって重要なヒトを管理するためにも勤怠管理が必要となります。

これは給与計算を行うためのものだけではなく出勤時間や休憩時間、休暇などの内容を管理するためのものです。


出勤時間を確認するためには出勤の時間と退勤の時間を把握しなければなりません。

その方法としてタイムカードというものがあります。

BIGLOBEニュースに関する口コミ情報を募集しています。

タイムカードは紙でできているものでタイムレコーダーに差し込むことで印字されるというものです。
従業員は出勤した時に打刻をして、退勤する時に打刻をすることになります。
しかしタイムカードの場合はその内容を見なければ勤務の内容を確認することができません。数人の部署であれば毎日その内容を入力して確認することもできますが、人数が多いと毎日確認する作業に時間がかかってしまうことになります。
勤怠管理は労働時間や休暇の日数など把握して早めに対応することが大切です。

タイムカードの勤怠管理の情報を今すぐ確認できます。

そのためにはタイムレコーダーなどで打刻した情報がそのままデータとして集計されていつでも確認できるようにする必要があります。

勤怠管理システムとタイムレコーダーを連携することで可能となります。
タイムレコーダーはICカードやバーコードを利用したものがあり、データとしてシステムに取り込むことができるのです。

勤怠管理システムで労働時間数や残業時間などの計算を行うことができ、その内容を確認して勤怠管理を行うのです。

会社にとって重要なヒトについてその勤務の内容を管理することができます。




Copyright (C) 2016 勤怠管理とタイムカード All Rights Reserved.